ダイブマスター・コース

msd

ダイブマスターコース概要

 PADIダイブマスターは、PADIプロフェッショナルの登竜門です。ダイブマスターになった時点で発行される PADIの「プロ番号」は、あなたがPADIプロフェッショナルであり続ける間ずっとあなたの識別番号になります。 また、ダイブマスターになると、PADIプロ専用サイトへのアクセスが可能になります。 PADIプロサイトでは、PADIの様々な教材やアクセサリーを購入することができます。 MSUのダイブマスターコースは、ダイブマスター認定されるまのコースではありません。 ダイブマスターになった後に、どのようにPADIプロサイトを利用すれば良いのか、 どうやってPADIと連絡を取り合えばいいのかなど様々な実務レベルの知識やスキルに関しても勉強できる 価値あるコースになっています。

完全合格保証

 修行と称して延々とタンクチャージ&タンク運びを強要したり、いつまでたっても体よくこき使われて、ダイブマスターの認定を出さないと言った低品質の教育はMSUでは一切行いません。決められた日数の中で、ダイビングプロとして働いたり、自分のショップをオープンさせるために必要なたくさんのノウハウやダイビングスキルをやさしく丁寧にお教えいたします
 また、IDC&IEに向けた集中講習も同時に受け付けています。中でもMSUのダイブマスター講習はIDC&IEへの応用もさることながら、ダイビングプロフェッショナルとしての生徒ダイバーへの対応方法や、トラブルの管理、ショップの運営に必要不可欠なさまざまな仕組みや情報をPADIプロフェッショナルの最高ランクインストラクター「コースディレクター」が丁寧に指導いたします。
 ご興味のある方は、是非お問い合わせください。

ダイブマスター催行情報

期間 2週間
費用 46,000ペソ(約98,000円)
参加前条件 ・PADI AOW認定
・PADI レスキュー・ダイバー認定
・18歳以上
・ログに記録されたダイブ本数40本
・過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケアを修了
・過去12ヶ月以内に医師による健康診断と許可
必ず必要なもの 下記のものは必ず持参してください。
・病歴診断書に医者のサインと許可をもらう
・アドバンスのCカード
・レスキューのCカード
・EFRのカード(取得後24ヶ月以内)
・ログブック
必須の装備 下記の装備を持っていない方は事前に申し込んで頂ければ日本で販売いたします。
・マスク&スノーケル
・フィン&ブーツ
・BCD(AIR2等の標準でない装備は不可)
・レギュレータ&オクトパス&ゲージ
・浮力のある保護スーツ(水着のみは不可)
・ダイバーナイフ
・ホイッスルなど音の出る器材
・鏡などの光る反射板
・コンパス
・ポケットマスク
・マーカーブイ
タイトルとURLをコピーしました